沖縄県立泡瀬特別支援学校

HOME

――――――――更新情報――――――――

4月28日(木) 春の遠足に行ってきました!(中学部)

4月27日(水) 安全学習をしました。

3月 8日(火) 学校安全体制整備事業【中間報告】 

―――――――――――――――――――――

※このホームページは沖縄県立泡瀬特別支援学校が作成・運営を行っています。本校ホームページ上のすべてのコンテンツ(文章、画像、教材、その他)の無断転用・複製・修正を禁じます。

春の遠足に行ってきました!(中学部)

平成28年4月28日(木)は中学部の歓迎遠足がありました。

晴天にも恵まれ、目的地の県総合運動公園レクドームまで、皆で楽しく向かうことができました。

レクドームでは学年混合のチーム対抗リレーをして、一生懸命頑張っていました。

昼食は春の風を感じながら、お弁当をおいしく食べて、午後はゆい池まで散策しました。

生徒達にとって、他学年とも交流ができる有意義な遠足になったと思います。

安全学習(地震・津波について)を行いました。

平成28年4月27日(水)、全児童生徒に向けた安全学習を行いました。実態に応じた授業内容を用意し、地震や津波に関することや自分の身の守り方など学ぶグループと学級で教師と一緒に避難場所までのビデオを観たり、実際に教室から校門までの避難経路を確認したりするグループに分かれて学習を行いました。

今回は、学校防災システム作動(テスト放送)させて、警報音や放送内容をきかせるということにも取り組んでみました。何度か聞いたことがある警報音ではあるが、実際、警報音が鳴ると、子どもたちは表情を一変し、緊張している様子が見られました。

万が一のために、落ち着いて行動ができるよう、普段の訓練はもちろん、安全に関する学習や身の守り方など積極的に取り組む必要があると感じました。

学校安全体制整備事業【中間報告】

平成26・27・28年度沖縄県教育委員会研究指定 

学校安全体制整備事業【中間報告】の報告書はこちら

ICT活用研修

2月3日(水)に校内職員向けのICT活用研修を行いました。

講師:山口飛教諭


具体的な例をあげながら、児童の反応を理解する際のポイントや、変化を客観的に評価することの大切さをテーマに研修が進められました。
ソフトウェア(OAK:オーク)を使い、児童の微妙な動きを読んでデータ化し、客観的に児童の反応を分析していきました。
その結果、児童がどこを触られたら反応が大きいのか客観的に分かってきました。
日々、児童生徒と接していく中で大切な視点を学べる研修でした。

保健室より

学校は集団生活のため感染症が広がりやすく、予防と早期対応が大切です。
感染症は出席停止期間が学校保健安全法により決まっており、学校欠席扱いとなりません。
感染した場合には、学校に報告するとともに、出席停止期間を守るようよろしくお願いします。

詳しい感染症の事例はこちら 

※インフルエンザその他の感染症にかかった場合の対応方法が書いてあります。

完治証明書はこちら

インフルエンザ完治報告書はこちら

学校欠席者情報収集システムはこちら 

※地域の学校欠席者情報を確認することができます。

クリスマスお楽しみ会の様子

12月16日(水)は中学部のクリスマスお楽しみ会がありました。

歌を聴いたり、歌に合わせてダンスをしたり。クリスマスケーキを美味しくいただきました。

また、サンタも登場してきて、一人一人うれしいクリスマスプレゼントをもらって、楽しい時間をすごしました。

PTAバザーの様子

                                                                                               

読み聞かせ隊レインボーに感謝状!

                                                                                               

創立30周年記念

創立30周年の記事はこちら

アーカイブ